BLOG

ユーザーがホームページに来る目的は・・・? 40

2015年10月29日|カテゴリー「アクセスアップにつながる情報
question-02
こんにちは。

今日は何故、ユーザーがサイトに来るのか?

について書いてみたいと思います。

まだネットが、ここまで一般的でなかった頃は皆、与えらえた情報、限られた範囲の中で決断をしていました。

しかし、インターネットというツールを使いこなすようになった今、無限に情報を探せるようになりました。

これまでは、評判は口コミという形でしか知人からしか聞けませんでしたが、今では見ず知らずの人の意見もインターネットを使い、容易に手に入るようになりました。

商品の情報を、近所の人や知人が使っていなくても世界中のどこかの人が使っていて、情報を公開していれば、その評価を簡単に知る事が出来るようにになったのは言うまでもないですよね。

必ずしも全ての情報が正しいとは限りませんし、怪しいものもたまにはあるのですが、信じるも信じないも本人次第。(^_^;)

問題解決の為の判断基準の1つとして、皆、検索エンジンを使い問題解決につながる情報や、欲しい商品を探しているのです。

特に今は、プライベートでも仕事でもSNSが生活の中に入り込んでおり、企業もそうしたユーザーの期待に応えなればビジネスシーンから取り残されてしまうのではと、必死に取り組むところも増えてきましたね。

良い事だ~~

ユーザーは、課題・問題を解決する為にホームページに訪れます。

ユーザーが、課題を解決するプロセスを整理してあげて、分かりやすいホームページ制作を心掛けるとサイトの果たすべき役割が見えてきます。

ユーザーが問題解決するプロセス

<問題発生>悩みを抱える
  ↓
<課題となる>悩みが言語化される「〇〇をしたい」「〇〇が欲しい」「〇〇を知りたい」
  ↓
<検索する>「〇〇 比較」「〇〇 効果」
  ↓
ホームページを訪問する/課題・悩みを解決/解消できるのか/判断する
  ↓
解決・解消
mondaihanasiai
上記の様な流れでユーザーは動きます。

目的のホームページにしか当然来ませんし、見当違いのホームページならトップページでさよならします。

私は、検索キーワードとウェブサイトはQ&Aの関係でなければいけないと思っています。

「〇〇〇について」と検索をしたのに、その事について書かれた記事がなければ、ユーザーは「ん・・・このホームページ言ってる事と、書いてある事がバラバラだな」と不信感が募ります。

その様なコンテンツを作っているのであれば、「〇〇〇について」の記述があるのは、当然ですので直帰率・滞在率が悪いのであれば、気になるコンテンツの記事の内容を見直してみてください。

それといつまでも、準備中・工事中などと記載して放置状態のコンテンツをたまにみかけますが、いつまでもそのままですとユーザーからの信頼を失いますので注意しましょう。

いつ頃までには、このコンテンツの内容を発表出来ると一言添えておきましょう。

訪問者が必要としていると思われる情報や課題・問題解決の為にあると便利な情報を用意しておくことが、

ユーザーから選ばれるホームページの基本となります。

そして、その情報や商品をサイト内で探しやすく理解しやすいようにしてあげる事で、ホームページを経由し、問い合わせや注文に

繋がってくるようになってきますからコツコツ頑張っていきましょう。

コンテンツを作る際、ユーザーがどんな悩みを抱えているかをよく考え、ユーザーの目線になって制作していくようにしましょう!!

それでは、今日も最後まで読んでもらいましてありがとうございました。(^^)
button_web21

button_ana21

button_acs21

button_sum21

Googleアナリティクスのメニューを把握しておこう 8

2015年10月28日|カテゴリー「アナリティクス(アクセス解析)のコツ
analutics-rogo
こんにちは。

アナリティクスの使い方のコツは少し書きましたが、アナリティクスを見た事もない人にとっては何のこっちゃ・・・

といった所だと思います。

アクセス解析をするうえで、重要なトップ画面のページを見てもらい、こういうページから日々のアクセス状況を解析していくんですよ、という雰囲気を感じてもらえたらと思います。

見てるだけでは何も身につかないですので、どんどん利用し会得していってください!

画面左側のメニューからスタートする

アナリティクスの画面上部には「ホーム」「レポート」「カスタム」「アナリティクス設定」という4つのタブが並んでいて解析する為の設定や、カスタマイズを行う為に使用します。この4つのタブは、アカウント内のどのページでも表示されます。

なお、アナリティクスで可能な様々な解析画面、全てレポートメニュー画面の左側の赤枠部分のメニューから選択する事ができます。

解析する際、ほとんど左側の赤枠メニューからスタートしますので、一つずつ確認してみて下さいね。

慣れてしまえば難しいものではありませんので毎日の日課として取り組みましょう。やればやるだけ、ダイレクトに成果が分かりますので楽しいですよ。

それでは,今日も最後までありがとうございました。(^^)
analyticsmenu00

button_web21
button_ana21
button_acs21

button_sum21

ホームページは育てるもの! 39

2015年10月27日|カテゴリー「アクセスアップにつながる情報
c6335299c57175e7e53107a16bb89342
こんにちは。

今さらながらですが・・・ホームページは育てるものです。

何度か、BLOGでも書いたと思いますが、改めて書いておきたいと思います(^_^;)

ホームページもリアル店舗も同じです。

自分のリアル店舗は毎日、お店に立ち掃除もして、ディスプレイに気を配り、こうすれば見やすいかな、こうすれば手に取ってくれやすいかな・・・

ポップ新しくしようかな・・・看板のペンキの色が薄くなってきたから塗りなおしてもらおうかな・・・

経営者であれば、自分の大切なお店、少しでもライバル店より目立つようにと工夫する事でしょう。

ネット上のお店も同じなんです。

ホームページには、実店舗より実際は数多くのお客さんが来てくれているかもしれませんよね。

でも、日々のアクセス解析の状況をみていなければ分からないですよね・・・?

毎日、数分の事ですのでアクセス状況を見る癖をつけましょう。

そうしないと、数多くきてるかもしれないチャンスを、逃しかねないですよ。
e0a5e08af3c1309c881b551516c282c5
10年前であれば、折り込みチラシを入れる。⇒チラシを見たお客さんが来店する。という単純な流れだったんですが、

現在はそうはいきません!折り込みチラシを入れる⇒チラシを見たお客さんは⇒検索エンジンで検索⇒ホームページを見る⇒他のお店のホームページも見て比較する。

この流れで、どこのお店で買い物をしようか模索しています。

場合によっては、ネットチラシを見て、そのままネット注文し配達してもらう、この流れが現在のユーザーの動きでしょう。

ホームページやコンテンツを作ってすぐに評価されれば良いのですが、そうはまくはいきません。

ホームページやコンテンツは、基本、小さく作って大きく育てるが基本です。

コンテンツを作る⇒SNSで宣伝・拡散する⇒アクセス数や滞在時間などを見て、改善していく⇒情報が変わった時は追記をしていく⇒そしてまた拡散する

この作業をコツコツ繰り返す。これが重要なのです。

作りっぱなしではなく、定期的にメンテナンスをして、実店舗と同じように大切に育てていきましょう。

それでは、今日も最後まで読んでもらいましてありがとうございました(^^)
button_web21

button_ana21

button_acs21

button_sum21

専門性・スピードにもこだわりを! 38

2015年10月26日|カテゴリー「アクセスアップにつながる情報
172225afd1e8d5258fb156542c6f75b7
こんにちは。

前回、前々回、滞在率アップについて書きましたが、補足的にもう少し書きたいことがありますので、書いてみます。

■ここのサイトは、他社とは何か違う!と思われたらシメタもの!!

難しいテーマだと思いますが、たくさんのサイトを見てきたユーザーに「このサイトは、他とは違う」と思ってもらえる事が出来れば滞在時間よりもっと重要な再訪問につながるでしょう。

そう、リピータ―になってくれるということです。

例えば、専門家らしいと思わせることがあげられます。同業者はたくさんあれど、他の人とはちょっと格が違うわ!と思ってもらうには、第一次情報を発信することや、更新頻度が多い事、コンテンツがたくさんあり、説明がわかりやすいと思ってもらうこと。

SNSでたくさん拡散されている様子などを見せていくのも信頼アップにつながりますし、いいと思います。

1つで良いのであなたの得意なことを継続してみて下さい。専門性の強いサイトは必ず成果に繋がってきますから。
9b36a49fe6d3912cc7638551e69660bd
■表示スピードは意識しておきましょう。

やたらと重いホームページを訪問した事はありませんか?

ユーザーはここには、良い情報がありそう!と思ったとしてもなかなか表示されないとストレスが溜まってユーザーは帰ってしまいます。

表示スピードが遅い原因はいくつか考えられるのですが、自分ではどうしようもないケースもあります。

もし、あなたのサイトで表示スピードが遅いなと感じたら、画像が重くないか確認してみましょう。

写真がたくさんあるのは見た目にもいいのですが、重たい画像や、長時間の動画は気を付けてアップしましょう。

とにかく、サクサク動く快適なサイトはユーザーの滞在時間も長くリピート率も良いですので。

それでは、最後まで読んでもらいましてありがとうございました(^^)

BLOG一覧はこちらからどうぞ>>

button_web21

button_sum21

button_acs21

button_ana21

Webマーケティングの基礎 19.独自性のあるコンテンツにするコツ

2015年10月25日|カテゴリー「Webマーケティングの基礎
waq-01
独自性のあるコンテンツはどのように作るのか考えていきます。

1.SWOT分析などで得られた競合との比較や、自社の強みを踏まえたものを用意します。

2.それらのコンテンツの中から、特にアピールしたいものをピックアップします。

サイトでは弱みを補うよりも、強みをさらに強くアピールすることが効果的な見せ方になります。


競合サイトなどのサイトをじっくり見てみると参考になります。

競合サイトと同じ強みを明記していては、ターゲットユーザーにとっては比較の対象になってしまいます。

しっかりと競合しないような強みを探し出し、独自性のあるコンテンツとしてアピールしましょう。



楽天やアマゾンを購入する際に重宝されるのがレビューです。いわゆる感想です。

これは、商品に対して良くも悪くも影響を与えます。

サイトのコンテンツをつくる場合も、ありきたりのことばかり核のではなく、感想や考え方を交えることで独自性が出せるでしょう。

事実は小説より奇なりです。実際に経験したことは価値のある内容となります。

ブログやFacebook等もそうした理由でしょう。

経験は見る物を刺激し、有益な情報となる場合が多いのです。
引用した内容だとしても、様々なサイトから情報を集め、綺麗に見やすくすることによって、価値のあるコンテンツになります。

例えば松山市のお洒落なカフェというのを、いろんなサイトから収集してきて、情報を一覧表にすることで、見やすく独自性のあるコンテンツに近づくでしょう。

要は、アイディア次第です。

このように独自性を意識してコンテンツを考えることで、数あるコンテンツの中でも注目されるコンテンツとなるでしょう。

たくさんのコンテンツを作り続けていると、もっと他にも独自性を出すコツが分かってきます。

様々なブログやコンテンツを研究してみましょう。

動画効果で滞在率アップを狙っていこう。 37

2015年10月25日|カテゴリー「アクセスアップにつながる情報
c498b8e629c199ea706dfc18532ddc60
こんにちは。

前回、滞在時間をアップする事についてちょっとしたコツを書きましたが、

今回も滞在率アップ効果を動画で狙うコツについて書いてみたいと思います。

■動画

動画は、滞在時間を長くする事ができるコンテンツです。動画でよくみてもらえて、かつ作りやすいものといえば、授業形式やノウハウの提供です。

今は、スマホなどで簡単に動画を撮りアップする事ができるようになりましたので、動画を利用する方もかなり多くなってきています。

しかし、つまらない動画や動画の内容が悪く、撮影の仕方が悪ければすぐにストップされてしまいますので気を配らなければなりません。
bf262e143d7e9aa76ddce840b918e5b6
ところで、動画にはメリットだけでなく、動画だからユーザーに伝わってしまう欠点もあります。

例えば、スマホで簡単に撮影できるからと雑音がひどく聞くに堪えない動画だったり、画面が揺れて見ているだけで気持ち悪くなってしまうような動画、など安易にアップ出来るがゆえ、クオリティの低い動画もいっぱいアップされているのが、現状です。

凝った演出は必要ないですが、ユーザー(見ている人)の気持ちになり、最低限の編集は行いましょう。

また、滞在時間をできるだけ伸ばそうと意図的に10分以上の長いものを作るのは逆効果です。

ユーザーが飽きてしまい、サイトに良いイメージをもたなくなりますので、なるべく短めにまとめるようにしましょう。

最後に、動画をとり入れお店のなかの様子、(授業風景)を公開し成功しているサイトがあります。

キャッチも面白いので是非、参考にしてみて下さい。

↓↓↓

こちらをクリック>>http://www.mw09.com/

それでは、今日も最後まで読んでもらいましてありがとうございました。(^^)

BLOG一覧はこちらからどうぞ>>

button_web21
button_ana21

button_acs21
button_sum21

LINE@を使った検索エンジン上位対策 9

2015年10月24日|カテゴリー「スマホ客を魅きつけるコツ
374b5b6be1b519bb1111e05f32246957
こんにちは。

前回、公式アカウントとLINE@の違いについて書きましたが、今回はLINE@を使った検索エンジン上位表示対策について書いてみたいと思います。

公式アカウントトップページの上にあるキーワード検索欄からユーザーの動線を作っていく方法です。

※左はキーワード検索の画面です。

キーワードの入力欄は、画面下にスクロールすると表示されます。そこにキーワードをいれたとき、自社の情報を表示させるためには、次のどちらかの条件を満たさなくてはなりません。

■アカウント各に目標キーワードが含まれている

■アカウント紹介文に目標キーワードが含まれている
a9afcb8b5c7b1a90b1b8b35c3cdbf969



●アカウント各に目標キーワードがふくまれている

アカウント名というのは、お店または企業の名前の事で、実際

に店舗の看板に書かれている名前または自社サイトのサイト

部分に書かれているところです。


たとえば、「矯正歯科」というキーワードの場合、右のように十

数件検索にかかってきますが、ほぼすべて通常の医院の名前の

部分に矯正歯科というキーワードが一緒に含まれています。
0634a3a2ae10ce25b4dab60c96cb6ec1
●アカウント紹介文に目標キーワードが含まれている

その他のキーワードでも、たとえば左のように「ハンドメイド」で検索するとアカウント名に、

ハンドメイドというキーワードが入っていなかったとしても、

アカウント紹介文にハンドメイドというキーワードが含められて

いる事によって検索結果にかかってくるという事です。

という事はあらかじめ、LINE@に登録する前に自社の店名や

紹介文に目標キーワードを含めておくことが

検索にかかる対策となりますので重要な検索エンジン対策という事になります。


※アカウント紹介文というのは、お店または、企業を紹介する文章の事です。
ほとんどの場合、アカウント紹介文がメインの検索対象範囲になり目標キーワードを多めに入れ文章を作成するようにして下さい。

ヒット率があがってきますので。それでは、次回もLINE@検索エンジン対策について書いていきます。

今日はこの辺りで、失礼します

BLOG一覧はこちらから>>

button_web21
button_ana21
button_acs21
button_sum21

滞在時間を延ばしアクセスアップに繋げる。 36

2015年10月24日|カテゴリー「アクセスアップにつながる情報
01bb7ee96b69286e6096bb220b4667cd
こんにちは。

今日は滞在時間を伸ばすちょとしたコツを書いてみたいと思います。

良いコンテンツと判断されるには、滞在時間も気にしていく必要があります。WEBには、3秒ルールというものが存在しておりまして、ユーザーは3秒でそのホームページが自分にとって有益かどうか判断し、滞在するか帰るかを決める時間が3秒なのです。

この3秒の壁を突破するには、コンテンツ内容以外の所でも勝負していかなければいけません。

滞在時間を伸ばすひと工夫は?

31f44cd1b2dc5615c8867346a0fa311d
■画像

テキストだけのページと、画像がところどころに挟みこまれているページでは、滞在時間が変わってきます。ユーザーが読みやすいように、ところどころに画像が挟みこまれているとユーザーが次のページを読む気になってもらいやすいです。
特に冒頭のアイキャッチ画像は、3秒ルールの壁を突破するには重要です。
長いテキスト文章を見せるより、視覚から訴え画像を見せどういった内容かを想像してもらうほうが、ユーザーも脳に対して楽ですし、どんな内容かな?と楽しみや期待感が増す効果があるのです。
まずは、アイキャッチ画像で心を掴みましょう。
■キャッチコピー

キャッチコピーは、短い文章の中で魅力を伝え、次の文章を読ませる為にあるものです。
キャッチコピーで、ユーザーの心を掴む事が出来ると、その下に続く文章も読んでもらえる確率が高くなりますので、うまく考えましょう!
例えばですが、ギャップや疑問を利用する文法があります。
ユーザーに「えっ」と思わす事ができるキャッチであれば次の文章まで読ませたも同然でしょう。

それでは、上記の内容の事にちょっと気を配っていくだけでも滞在時間がアップしていきますので、コツコツ頑張ってみて下さい。

今日も、最後まで読んでもらいましてありがとうございました。(^^)

BLOG一覧はこちら>>

button_web21

button_acs21

button_ana21

button_sum21


アナリティクス使い方のコツ(後編) 7

2015年10月23日|カテゴリー「アナリティクス(アクセス解析)のコツ

キーワードの決定はターゲット層の決定とイコールする!

1c529e5d167cc12caf0036b15a7ee448
こんにちは。

前回の続き、アナリティクス使い方のコツ後編です。(^^)

ビジネスでサイトの目指す最終的な目標とは、売り上げや、集客、結果をだすことですね。

そして、その為には、どんなアクセスを集めるかが非常に重要になります。

それには、「どんなキーワードで検索してきたユーザーを集めたいのか」を常に、意識しておく必要があります。

生け花を販売しているホームページであれば、花を買ってくれそうなアクセスを集めたいに決まっています。

であれば、「鉢植え、プレゼント、」「バラ 当日配送」などといったキーワードで検索してくるユーザーがターゲットになるでしょう。

サイトのキーワードをあらかじめ設定することは、サイトに集めるべきターゲットを層を明確にする事と同じ意味を持っています。

そして、「ターゲット層の明確化=キーワードの選定」という行為は、アナリティクスで行うあらゆる分析や行為に関係してきます。

キーワードはアクセス解析の前に決めるべし!

98605b73826c44f73224218a23acc5bb
【☜キーワードが明確になったサイトタイトル】

まだキーワードがしっかりと定まっていない人や、ターゲット層の絞り込みができてない人は、「どのキーワードで検索した人を、どのページに集めたいか」だけでもイメージしておいて下さい。

これさえイメージ出来ていれば、いずれ思いついたキーワードで簡単にコンテンツ作成やBLOGなどで発信が出来るようになり、更にアナリティクスで分析することにより、ユーザーの動きや反応するキーワードが手に取るように分かってきますから。

ターゲット層やキーワードが明確になっているサイトは、サイトのタイトルやコンテンツの中に「キーワード」がしっかり確認できます。

ライバルとなる競合サイトが、SEOなどの対策を少なからず考えている場合は、「なるほど」と思わせるキーワードがふくまれているはずですので、上位表示されているライバルサイトを確認してみましょう。


それでは、最後まで読んでもらいましてありがとうございました(^^)

BLOG一覧はこちら>>

button_web21

button_acs21

button_ana21

button_sum21

美しさ日本一!?

2015年10月23日|カテゴリー「出張BLOG
IMG_6064
こんにちは(*^^)v

寒いのか暑いのかよくわからない今日この頃。

皆様元気でお過ごしでしょうか?

関西出張中、近くに姫路城がありましたのでせっかくなんで見て帰りました。

間もなく閉門だったので中には入れなかったのですが、外から見ても美しさ日本一の城と言われているように、美しかったです

シラサギが羽を広げたような優美な姿から「白鷺城」の愛称で親しまれるそうです

世界遺産はちゃいますね ←なんで関西弁 

なんでやねん。とか時々言いたくなりませんか (笑)


姫路城のサイトに姫路城の楽しみ方というアプリがあることに後から気づく スマホで検索したらよかった('Д')

http://www.city.himeji.lg.jp/guide/castle/enjoy.html


himeji
※姫路城公式サイトより
これすごいなー!!!!!  

お城も現代とコラボしてスマホ時代なんですね

また行く機会があればやってみたいです

ページトップヘ