実践Webマーケティング

▶Webマーケティングの基礎はこちらから
同じことを伝えるにしても、言い方によって受け入れやすかったり、受け入れがたかったりするのが人間の心理ですよね。できれば気持ちよく行動してもらえるように、情報を発信したいものです。『○○してください』といわれるよりは、『○○していただけますか』 と言われる方が受け入れやすく、命令されるよりは提案された方が人は気持ちよく動けますね。
いつ When、どこで Where、誰が Who、何を What、この4つの要素が重要で、その後に、なぜ Why、どのように What、などにあたる要素で詳しく説明するといった流れです。
USP(ユニーク・セリング・プロポジション)とは、独自の売りです。自分の強み、会社の強み、独自の売りをわかっていますか。自分のことは意外とわからないものですが、マーケティングやブランド構築において他社にはない独自の強みがなければお客様に選んでもらえません。
文章を書く目的は、お客様の求める情報を届けるためです。自分が持っている情報お中からお客様が必要とする情報を届けるには、お客様が求めているものが何なのかを分析し、理解し、関わりを持つことです。
ブランドと聞いてあなたは何をイメージしますか?ブランドとはお客様が選択をする際の基準となるもの。企業や商品サービスに関するあらゆる印象や体験の蓄積です。
発信
インターネット上での情報発信は、緻密な設計の元におこなうべきです。とは言え、深く考えて躊躇してしまうのは本意ではありません。まずは、ホームページを持つことからスタートすることをお奨めします。
お問い合わせはこちら
問い合わせ方法が記載されていない、問い合わせフォームがあるが使いにくいホームページ・・・ たくさん見かけます。ホームページを持つゴールは問い合わせをしてもらうこのにあるのに、肝心の問い合わせ方法を伝えてないなんて、不便すぎて話になりません。
189483
近年、個人情報の管理は重視される部分ですので、個人情報保護について書かれていないと、実際に取引したときに自社の情報がどの様に扱われるのか分からず不安をあおります。個人情報保護について社内の方針がないのであれば、いますぐ作りましょう。
会社
会社について書かれていますか?会社の基本情報(会社概要・企業情報)は必ず書きましょう。情報公開は信頼の証です。実在しているのかわからない会社を信用できるでしょうか?
hp_sumaho
反響のあるウェブサイト(ホームページ)を作る為には、集客戦略を立てることが重要です。集客戦略を立てる前に、集客方法を知らなければなりません。情報媒体はウェブサイト(ホームページ)・ブログ・メルマガ・フェイスブック・インスタグラム・ラインなど 多肢にわたりますが、核となるのはウェブサイト(ホームページ)です。
検索
ウェブサイトに訪れるお客様は何らかの悩みを抱えています。1.お客様は課題解決のためにウェブを見ている。2.お客様は信頼できるウェブを見ている。
20ee0a238bc4251ba39e4bf96cfdbf8a
信頼は商売の基本ですし、信頼しているからこそ期待します。信頼していないと商品購入のテーブルに乗せてもらえません。信頼の上に、商品サービスへの信頼、販売先への信頼が生まれると購買の意欲が固まります。そうした信頼を築くもの。それが情報です。
insta
ビジネス分野で急速に脚光を浴びる写真投稿サービス「Instagram(インスタグラム)」 Instagramを今、プロモーション手法として採用する企業が増えています。マーケティングツールとして注目度が高まっているInstagramは、どんな施策で効果があり、どのように使えばいいのでしょうか。
f4c67b1216a34b66b59992db125a25cf_s
重要なのは上記の「戦略」とセットで「責任の所存」を明確にすることだと思います。外部のライターや制作会社を利用して編集チームを構成する場合にも「コンテンツ発信の責任者」は社内に置くことです。出来れば、分析担当者も社内に置くようにしましょう。
5f8391ae804aa108740aad96fb8b6a5c_s
コンテンツマーケティングは即効性が低い、これは、裏を返せば「成果を出すには長期的な取り組みが必要」ということです。
contents
コンテンツマーケティングの戦略を立てる際、最も需要となるポイントは、「どのとうなビジネス上の問題を解決しようとしているか?」ということです。皆さんは、どんな課題を解決しようとしていますか?
ed3b782ad06ac8440245a870a275f053_s
検索のアルゴリズムの発達により、SEOも小手先のテクニックではなく、本質的な「サイトの内容と質」を追求する方向に向かっています。その反面から見ても、コンテンツの重要性が増してきています。一方で、リスティング広告に過度に依存している事業者は大きな危機に直面しています。
web-4
営業担当が「ご機嫌伺い」に得意先を訪問して課題を聞き出し、解決策を提案する従来の営業スタイルは、もはや過去のものになりつつあります。前回の記事から分かるのですが、インターネット検索の影響力は、B to C(一般消費者向け商材)領域に留まらず、 B to B(企業間取引)領域においても同様の変化が起きています。
web-3
2006年から2015年にかけて、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌への接触時間が減少しています。これまで、メディアで受動的に情報を得ることで満足していた生活者ですが、今では、より有益な情報、よりお得な情報を求め、能動的に情報を収集するようになり、ネットでの検索行動が一般的になりました。
Webマーケティング
今、Web業界では、このコンテンツマーケティングの注目が集まっています!「コンテンツマーケティング」は、2011年ごろから欧米で急速に広がり米国企業の9割以上が導入しているマーケティング手法です。国内でも2014年ごろから話題となっており、現在はもっとも注目されているマーケティング手法といってもいいでしょう。
ページトップヘ