BLOG

アクセスアップのコツ その19 (サイトの構成を理解しておこう)

2015年7月20日|カテゴリー「アクセスアップにつながる情報
4940aff7c9673cbd9cbfa2af9327da06
こんにちは(^^)今日は、サイトの構成についてのお話しです。

1つのサイトにテーマは1つで

例えばですが、リフォームのホームページの中で雑貨が販売されていたらどうでしょうか?

極端な例ですが、

「別にいいなじゃないの?」と思うかもしれませんが、リフォームに特化したライバルサイトがあったとしたらお客さんがそちらへ流れてしまうのが通常です。

そして検索エンジンの会社もお客さんに有益な情報を与え専門性が強いサイトを評価する傾向にあり上位表示しようとしてきます。

でも、「どうしても仕事以外のことを書く社長ブログを書きたい!」「お客さんと食事をしたりした様子を書いたほうが、信頼につながるはずだ!」

という方もいるでしょう。そう思われる意欲のある方は、ぜひ、無料ブログなどの外部ブログで書くようにしましょう。

内部ブログではひかえるようにしましょうね。

あくまでもホームページは専門性を追求し、その道の専門店としてのサイト運営を行っていくようにしましょう。

ホームページは百貨店ではダメなのです!!専門店として1つのサイトに1つのテーマで!!

次回はカテゴリーの構成内容について少し掘り下げたいと思います。

短いですが本日も読んで頂きありがとうございました。

今日も一日、お疲れ様でした('◇')ゞ

アクセスアップのコツ その18 (内部対策の必要性)

2015年7月17日|カテゴリー「アクセスアップにつながる情報
8e14ee865a1146fd453d8371abad3e1f
こんにちは(^^)本日は内部対策についてです。

内部対策とは・・・?

【内部対策とは・・・?】

検索エンジン(Google)は、ホームページ内の情報、主にテキストを収集してインデックス(目次化)しています。

もしあなたのホームページにインデックス出来る情報がないようであればインデックスする事は出来ません。

つまり、検索エンジンに「このサイトは〇〇〇について書かれたサイトですよ」と伝えるためには、対策するキーワードに

あなたのサイトを合わせていく必要があるのです。

例えば、あなたが婚活中の男性で結婚相談所に自己紹介文を登録にいったとしましょう。

あなたのアピールポイントは経営者で年収5,000万円というところです。

しかし、年収の情報を登録しなかったとしたら・・・当然ですが、「年収が高い人がいいな~」という女性から探されることは

ありません。

「そんな女性は願い下げだよ!!」というなら書く必要はありませんが、売りにしたいのなら当然書く必要がありますよね。

ホームページも一緒です。「このキーワード」で評価を上げたい!と思ったなら、サイト内に適切に書く必要があります。

つまり内部対策とは、あなたやあなたの会社について、ユーザーはもちろん、検索エンジンにも理解させるための作業なのです。

内部対策をしっかりと行い、あなたのサイトがどういうサイトなのかについて、検索エンジンにちゃんと伝えていきましょう!!

本日も読んで頂きありがとうございました。それでは良い連休をお過ごしくださいね!!

今日も一日お疲れ様でした('◇')ゞ

アクセスアップのコツ その17 (アクセス解析を確認しよう)

2015年7月16日|カテゴリー「アクセスアップにつながる情報
a7632e94a9d027cb41095486c40fcf2b
こんにちは(^^)

今日は【アクセス解析を確認しよう】についてのお話しです。
昨日から当事務所で無料設置キャンペーンを始めたGoogleアナリティクスですが、すでに導入されている方も

多いかと思います。

導入されている方は、日々チェックされているかとは思いますが、そうでない方はこの機会にじっくりGoogleアナリティクス

をチェックしてみて下さいね。

どんなキーワードでアクセスされているのか、どんなキーワードでアクセスしてくるユーザーの滞在時間が長いのか、

などがわかりますので、Googleアナリティクス(アクセス解析)は宝の山です。

最近は、Googleの仕様で、どんなキーワードで検索されたかが「not provided」で表示される

割合が増えてきてしまいましたが、現状でわかる範囲をチェックし、さらにGoogleウェブマスターツールでもキーワードを見る

ことができるので、この両方のツールを使う事をおススメします。

それでは、本日も読んで頂きありがとうございました(^^)




アクセスアップのコツ その16 (アクセスアップに繋がり売れるキーワードを探そう7)

2015年7月15日|カテゴリー「アクセスアップにつながる情報
お疲れ様です(^^)

今回も引き続きキーワードについてです。

Googleキーワードプランナーを活用しよう

これまでで、だいぶ目標とするキーワードの候補をピックアップ出来たはずと思います。

ある程度ピックアップできたら、実際の検索数と競合がどのくらいいるかを確認します。

この時、Googleキーワードプランナーを使うと非常に便利です。

競合を調べる意味は、競合が多いのはキーワードとして間違っていない証拠になるのですが、

その分、表示順位を上げるのが難しくなるから見ておかなければなりません。

かといって、競合が少なければよいというわけでもありません。

成約に繋がりにくいから競合が少ないとも考えられます。

Webサイトを開設したばかりで、SEO対策にまだ自信がない、まずはアクセスが欲しいという人は、

競合性が低いキーワードを選んで要領や感覚を掴むといいと思いますよ。

キーワードプランナーで検索数やボリューム、競合性など調べてみよう

ae9597293c24ad4e6362d90097bf9bc0
6df19b19939cd6fc032d87bd622dccad

fee9e1705be3e534b359729559abd116

Googleキーワードプランナーを活用しキーワード選定頑張って下さい。

本日からアナリティクス無料設置キャンペーン開催しています。

お気軽に問い合わせしご活用下さいね!!

本日も最後まで読んでもらいましてありがとうございました。

それでは、今日も一日お疲れ様でした('◇')ゞ
3c5a5268ec7f3a2413e8678ff3d69d67

アクセスアップのコツ その15 (アクセスアップに繋がり売れるキーワードを探そう6)

2015年7月14日|カテゴリー「アクセスアップにつながる情報
f13e26204d20bbcc43bc375fe5583842
こんにちは(^^)

では、前回の続きで成約に結び付くキーワードの探し方についてです。

成約に繋がる【売れるキーワード】の探し方

■まずは自分で考えよう

あなたのサイトを探すとしたら、あなたならどんなキーワードで探すでしょうか?

あなたの会社やお店がどんなものを提供しているのか、どんな悩みを解決するお仕事をしているのか

あなた自身で考えてみて下さい。

身近な人に聞く(家族・スタッフ・お客さん)

自分だけで考えるとすると、「ずれ」が生じてしまうこともあると思います。

ですので、あなたの身近な人にも「うちのホームページを探すとしたら、どんなキーワードで探す・・・?」

と一度、聞いてみて下さい。

家族やスタッフさん、お客さん、友人など、誰でも構いませんので!!

実際に検索してみる(サジェスト検索)

いくつかのキーワードをリストアップできたら、目星を付けたキーワードで検索をしてみましょう。

実際に検索してみると、Googleから「こんな組み合わせはいかがですか?」

と提案されますので。(これをサジェスト検索と言います)

Googleからサジェストされたキーワードを見ながら、「このキーワードでアクセスされたら、成約に繋がるのだろうかと?」

予測をたてながらシュミレーションしていきます。

検索結果を見て、ライバルサイトがいっぱいでてくるようであれば、キーワード的には間違えてはないとう事です。

しかし、それだけライバルサイトが表示されてくるという事は当然、競合が多いという事ですので、

そのキーワードに絡めたスモールキーワードでSEO対策をしっかり行い、色々なキーワードでユーザーが自社サイトへ

来るように呼び込んでいく必要があります。

これこそロングテール集客です。まだまだ十分に効果のある手法です。

ネット上で分かりやすいサイトはAmazonです。

どんな欲しい本でも検索すればまず間違いなくAmazonが一番上に表示されてますよね。

それだけ商品のページ(index)が豊富にあるという事です。

競合サイトもチェックしておこう!!

競合サイトもチェックしておく事は非常に重要です。

競合サイトの見るべきポイントですが、タイトルタグとキーワード、ディスクリプション。

ここにどんなキーワードが含まれているかをチェックしてみて下さいね!

競合サイトの攻略法が日々見ていると見えてきますので!

それでは、今日も最後まで読んでもらいましてありがとうございました(^^)

アクセスアップのコツ その14 (アクセスアップに繋がり売れるキーワードを探そう5)

2015年7月13日|カテゴリー「アクセスアップにつながる情報
f13e26204d20bbcc43bc375fe5583842
こんにちは(^^)今回も前回に引き続き売れるキーワードの探し方についてです。

スモールキーワードをコツコツ集め大きなうねりを作ろう!

一つのスモールキーワードで上位表示の目標を達成したならば、次は他のスモールキーワードでもSEO対策を行っていきましょう。

SEOは繰り返しが重要です。繰り返し行う事で、対策を行っていないはずのキーワードでも上位表示してくる事があります。

さらには、ミドルキーワード以上でもすこしずつ効果がでてきはじめます。

そして最終的には、ビッグキーワードで狙っていけるようにしていくのが理想です。

野球でもいきなりホームランばかり打てる人はいませんが、コツコツとヒットを量産してその延長線上にホームランが出始め、ホームランの量が増え、最終的にはスラッガーとして成長していくのです。

繰り返しになりますが、まずはスモールキーワードから3位以内を目指し、それを繰り返していくことで、もっと難易度の高い

キーワードでも上位表示出来るように日頃からコツコツやっていきましょう!!

制約につながらなければ意味がない

実際に検索されているキーワードで上位表示できたとしても、成約に結びついていかなければ意味がありません。

SEO対策を行う最大の目的はアクセスを増やし上位表示される事ではなく、成約が決まり売上があがる事だからです。

スイーツを求めているお客さんに、お魚のサイトをみせても、成約に結び付くのが難しいのは当然です。

逆に言えばスイーツが欲しいんだ!!と言う集団の中にスイーツを置けばうれていくわけです。

実際に検索されていて、かつ、成約に結び付く”売れるキーワードで対策をする事が重要になってきます。

ずれたキーワードで対策を始めてしまうと、せっかくの努力が徒労に終わってしまうのです。

では、どうやって成約に結び付くキーワードを探していけばいいのでしょうか?

非常に重要なポイントですね、お店の売り上げ(数字)に直結するお話しですからね!!

制約に結び付くキーワードの探し方は次回のブログにてアップしますね!!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

短いですが今日はこれくらいで、お疲れ様でした('◇')ゞ

アクセスアップのコツ その13 (アクセスアップに繋がり売れるキーワードを探そう4)

2015年7月11日|カテゴリー「アクセスアップにつながる情報
お疲れ様です。

今日は一日中真夏日、もう少しで溶けそうでした・・・

猛暑のなか高校野球愛媛県大会も開催しました、球児達も頑張っています!社会人の皆さんも頑張っていきましょう!

さて今回も、またまたキーワードについてです。

前回アップ出来なかったので、ビッグキーワードとスモールキーワードのメリット、デメリット簡単に表にしておきますので

キーワード選定の参考にして下さいね。
big-small

上位表示3位以内を目指しましょう

なぜ、3位以内を目指すのか・・・?

という所ですが、一つ目の理由は、クリック率の違いです。

1位のクリック率は17%前後だというデータがありますが、4位以下になると5%前後になってしまうというデータがあります。

順位によるクリック率の違いは歴然としているので、ユーザーにクリックされるには、どうしても3位以内には入っておきたいところです。

二つ目の理由ですが、PPC広告の増加やユニバーサル検索の影響です。

ユニバーサル検索とは、検索結果にWebサイトへのリンク以外のもの、例えばQ&A、動画、画像、書籍、ブログ、ニュース、口コミ

評価などを表示させるものです。

PPC広告の表示枠も、特にYahoo!では多くなってきました。

つまり自然検索以外にユーザーに目に留まる部分が増えてきたので、最低でも3位以内に入っておかないと、目立たなく

なってしま
いクリックされにくくなるのです。

ppc1

qa

上記の様な、広告枠やQ&Aが表示されたその後に自然検索表示がでてくる事が多くなってきていますので、

(業種や商品にもよりますが)

3位以内に入る必要があるのです。

本日も最後まで読んでもらいましてありがとうございました。

今日はこのへんで、お疲れ様でした('◇')ゞ
ページトップヘ